誰がデザインしたのだ

初めてバッタをまじまじと見た時、わっ!仮面ライダーやんか!と感動した。それは石ノ森章太郎がデザインしたのだろうが、僕の疑問は『そもそもなぜ、バッタはあの顔なのか?』である。

 

仮面ライダーは言わばバッタのデザインをパクった訳だ。じゃあ、バッタそのものは誰がデザインしたのだ?自然界に目を向けると全てそうだ。カブトムシからダンゴムシ、庭に咲く花、魚の形、動物たちの姿…とにかく美しく正確無比、それでいて個体差の個性もある。


更に昆虫や動物たちは擬態なる摩訶不思議な技も持っている。最近よく家の中に蛙が入って来るけど、外ではあんなに鮮やかなグリーンだったのに一瞬にしてフローリングに馴染んだ色になる。保身の為と云う目的は分かる、しかしなぜそれを選んだのか?亀のように厚い甲羅をなぜ選んでないのか?誰が決めたのか?


僕は特定の宗教に帰依していないが、進化の過程で云々などと云う話は全く信じられない。じゃあ神が創造したのか?そう考えるのも逃げている気がして嫌だ。生きても生きても不思議でならない。


今回の新曲『水晶体の空から』はそんな思いがあり生まれました。


水晶体の空から

作詞・作曲 Yossey


藍色から朱く

樹々を照らし始め

私はまた朝を

連れて来たのです

鳥たちは歌う

いたいけな声で

当たり前の日々を

見せてあげるのです

そして花よ咲きなさいと

命じるのです


おお おお


雨の日にはあなたを

隠してあげましょう

クリソコラの夜なら

月も見せてあげましょう

悲しみを知らないまま

幸せを味わえないなら

痛みも散りばめましょう

どうぞ泣きなさい

明日になってもまだ

生きたいのなら


おお おお


弱い者が更に

弱い者をいじめ

強くなれないまま

手のひらで踊る

嘆きの大地から

祈るばかりの人

紺碧色の空は

私の水晶体

果てしなく見える海は

私の涙


おお おお

f:id:yossey:20180719125701j:image

f:id:yossey:20180719125710j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新曲セルフライナーノーツ

ちょっと初めての試み。ライブや音源で発表する前に新作のセルフライナーノーツ(特に言葉に関して)を書いてみます。


『半世紀』


福岡県田川市で少年時代を過ごした僕は、破天荒な父親の思い出がしっかり脳裏に焼き付いており、何かその頃の父親に手紙を書くような歌が出来ないかと思って書きました。


これは他の作品にも言える事ですが、歌の主人公は私自身では無いし父親もあくまでも当時の九州男児像です。阪神ファンだったのでライオンズの帽子は被らなかった。


やがて僕も成人してずっと抱えてる違和感みたいなものが有り、過去の作品にもチラチラ片鱗は見えていたのですが、それは何だか『文句を言ってるばかりの人間』です。僕自身がそうなる時があり、ハッと「こりゃいかん」と思う事も度々有ります。


父親は痛快な人だったから喜怒哀楽をストレートに表していましたが、時代のなせる技だったのかな…。今は誰しもがおかしい、おかしいと思いながらも軌道修正の難しい時代になりました。昔は良かった、なんて言いながら生きたくない自分に対しての疑問符の歌です。


『水晶体の空から』


僕は作詞の視点からいつも拘ります。そして大抵は第三者の視点から書き、人間では無い場合も多いです。だから「僕」「私」「俺」と歌う時それは現存する『僕』では無い作品ばかりです。この楽曲もまさしく僕では無い何者かからの歌です。


珍しく自分視点から書いている自作に『ノスタルジア』と云う楽曲が有りますが、そこに登場する薄紫のアイツこそ『水晶体の空から』の正体かも知れません。


1997年に書いた『There is...』はずっと僕のテーマになっていて愚かな(自分を含めた)人間と美しい植物、動物、鉱物、時には人間の作り出した美しいモノを歌いたいのです。また音楽だけではなく他の…写真や、工作物や、様々な表現ももう何十年も全て一貫しています。


今夏、全部で4曲出来ましたが何処の会場でどの曲を演奏するか自分でもまだ分かりません。暑い中ですが、ぜひ足を運んで頂き新しい作品を聴いてもらえたら嬉しいです。


There is...


作詞・作曲 Yossey


今日の午後

宇宙に行って来たよ 

君も想像してみて

空気も無くて

水も音も

国も宗教も

そして

戦争もないんだ


ただ暗黒の宇宙が在るだけ

星はたくさん見えるけどね


その中でも青く

輝く綺麗な星がある

名前を地球というんだ

僕はその美しさに

感動したけど 同時に

哀しい気持ちになったんだ


何故なら人間を見つけたから


汚れた空気と

溢れる水

騒音に差別

おかしな宗教

そして馬鹿げた戦争がある


全部ゴミだ


彼らは自分でクソまみれにして

方角を見失っている


僕がどんなクスリを

キメているかって?

いや

ただの目薬だよ


漆黒の闇の中に

輝く綺麗な星がある

名前を地球というんだ

僕はその美しさに

感動したけど 同時に

哀しい気持ちになったんだ


だってあまりに愚かな

人間を見つけてしまったから

f:id:yossey:20180718100403j:image

暑いですね

暑いですね。こちら那須でも連日36℃とかになっています。

 

家にテレビは無いがネット生中継していたので、ワールドカップは結構観た。選手の名前もロクに知らないにわかファンにもなれない私の感想を。それでも日本が初出場してからは毎回観てます。「青イケ~!」とか「白取るな~!」とか(笑)


スポーツとして見たら何だか釈然としない場面ばかり目に付くけど、勝負事として見たら面白かった。倒されて異常に痛がるパフォーマンスやわざとファールを取りに行ったり、選手交代を告げられたのを知らないふりをして反対方向に走ったり、次に進む為に負けを守ったり、偽9番とか。


こりゃあれだ、サッカーファンの方には怒られるかも知れないけど麻雀に似ているなと。4人の総当たり戦だが、市井の麻雀には様々なルールが有りトップ賞は格段に優遇されて二位とでは価値が全然違ったり三位を守る為に演技をしたり。卓を囲むと人間模様が透けて見えて来る。あー、この人はこんな考えしてるのか、とか…大事な話はしちゃまずいな、とか…この人は詰めが甘いな、とか…。そんなのが見えて来るからすっかりやらなくなりましたが…。


イカサマが無い学生麻雀でもそれだから『本気』の人には敵わない。所謂ポーカーフェイスや三味線(おしゃべり)で相手を出し抜く。ジャラジャラと並べただけでもう揃っている事(積み込み)も有るのです。更に組まれていたらハッキリ言って運などのつけ入る要素はほぼ無い。


…とこんな事を思い出したわけです。そして日本×ポーランド戦の後半からビールが不味く感じたのが正直なところです。久しぶりに麻雀やりたいような…いや、やはりやりたくないな。夜はいくらか涼しくなりそう。仕事は早めに終えてワールドカップの優勝決定戦を観ようか。

f:id:yossey:20180715182552j:image

YOSSEY / 半世紀

新曲の弾き語りプロトタイプです。

https://youtu.be/wBz3mUGkt3A

 

半世紀             


作詞・作曲 Yossey


ライオンズの野球帽で

真っ黒に日焼けして家路を急ぐ

親父はおきゅうとを肴にして黒田節


あのお月さんにまで

人類は遂に到達したと

瓶ビールの栓を勢いよく開けた


巨人・大鵬・卵焼き

アベックホームランで万歳

地震雷火事親父

学校の先生も怖かった


半世紀なんてあっという間

何が変わった何が変わらなかった


自分の恥ずかしい事は

そっとしておいて欲しいくせに

他人のことはそっと出来ずに大騒ぎして


お隣さんの名前も知らないのに

画面の向こう側の悪口ばかり

言うようになった


太陽の塔の目玉から

どんな未来が見えたのかな

君とだってステキな

関係になれた筈なのに


半世紀なんてあっという間

何が変わった何が変わらなかった


放射能が怖いか

政治家が悪いか

ヤクザは怖くないか

喫煙は敵なのか

クレームが怖いか

自分の子だけは可愛いか

おいしい水はありがたいか

スマートな電話が君の全てなのか


半世紀なんてあっという間

何が変わった何が変わらなかった

f:id:yossey:20180710230227p:image