ハゲコウに学べ

玄海原発の再稼働に向けての話にはぶったまげた。何も学んでいないのか!
今、東日本では何千万という人々が悩み苦しみ、生活の基盤を根底から揺さぶられているというのに。何なのだ、思考停止ではないか。

「安全性はクリア出来た」

はあ??どの口がそんな事言えるのだ。しかし私が一番愕然とするのは佐賀、福岡、長崎など九州各県の(友人知人を含めた)一般民から起こってしかりの「猛烈な抗議」が聞こえて来ない事だ。

九州から関東まで、そんなに遠いのか?テレビの向こうの世界なのか?温度差とかそんな言葉では表現出来ない壁があるのだろうか。

ひとたび事故が起これば「全てが変わる」のですよ!そして専門家によれば日本一危ない原発(週刊現代7月2日号)だと言われているのですよ!

私は九州の美味しいもの、美しい景色をいくつも知っている。
そんな場所が今の東日本のような状況になることを想像すると背筋が凍り付く思いだ。

福岡の人よ!もしも博多湾原発が有ったらどうしますか?

長崎の人よ!もしも平和記念公園原発があったらどうしますか?

北九州の人よ!関門海峡原発があったらどうですか?

想像してみて下さい。今回の福島第一原発の件では300km以上離れた静岡でさえ大変な事になっているのですよ!今ならまだ間に合うかも知れない、是非行動を起こすべき。私は取りあえず抗議の書面を玄海町長、佐賀県知事に送るつもりだ。事態はあなた方が考えているほど軽いものではないと。

秋吉台のアフリカハゲコウが脱走して和歌山まで飛んでいたのには何か暗示が有るような気がしてならない。。。

Wikipediaより引用させて頂きました。