お願いします

 玄海原発について私の送った抗議の書面など、象に歯向かう蟻の如しの無力感を感じていましたが、向こう様の方からボロを出した様子です。これで少しは時間稼ぎが出来た気がしますね。

 実際に福島第一の件で痛感しているのは、放射能そのものの害はもとより(たとえ多少距離が有り線量がたいした事ないとしても)それぞれの人の心の中を掻き回されるような日常になってしまうという事なのです。仕事などの対人関係の場面においても以前とは違い、いちいち一歩踏み込まざるをえない時が有ります。当然、友人や家族の間柄でも立場や環境、知識の有る無しで議論となったり果てにはイデオロギーの話にまで発展してしまいます。そして事故以前では考えられなかったような溝が生まれたりするのです。

 西日本の人と話しているとやはり空気が違うのが分かります。ただ、もう僅かな時間しか無いのです。玄海原発が再開されれば他もなし崩し的に再開を始めるのではないかと危惧してしまいます。昨日も和歌山で震度5強がありました(ハゲコウが教えてくれてたのか?ちょっとドキッとしました)が、まだまだ日本列島は揺さぶられていて「安全性をクリア」など有り得ないのは東日本に住む人々は体感で理解しています。西日本は今や「希望の砦」なのです。取り返しのつかない事になる前に民間の個人のあなたから、投書でも何でも良いので動いて下さい、どうかお願いします。

B型の九州人より。

P.S.しばらく飲んでなかったペットボトルのお茶で「嬉野茶使用」と書いてあったのが有ったので、喜んで買って飲みながら裏を見たら「嬉野茶(1割)」と書いてあった・・・では他の9割は??