Berlin

久しぶりにルーリードのベルリンを聴いた。
いつもはThe Kidsあたりでウトウトしてしまうのだが、今日は最後までしっかり聴けた。

しかしなんだ、改めて美しいアルバムだと思う。40年前の音なのに目の前でプレイしてるような…その頃のオレはといえば「夜明けの停車場」とか「喝采」とかを自作の小さなラジオで聴いていたり、蒸気機関車の撮影に熱中したり。まだロックのロの字も知らなかった頃で。

ルーリードはその何年も前からつい最近まで現役であり続けた。ホントに凄い!メタリカとの共作なんてよくやるなあと思ったけど、内容凄すぎ!

さて、もうちょっと聴くかな。。。

R.I.P