読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何処かで誰かがきっと待っていてくれる

〜関東外環三連戦を終えて〜

走行511Km 大変実りのある三日間でした。初日の埼玉県春日部和音では、久しぶりに再会した仲間と打ち上げの大激論がまだ心に刺さっているけど痛くない。なぜならば、愛があったからです。店主べらふさんを始めシーくん、ベカスカパーティのみんな最高、また逢おう!

翌日、東京都福生UZUは雨になりました。何故かステージ上で石原裕次郎の「夜霧よ今夜もありがとう」を想起した。あの場にいた人達だけの幸せな時間、空間。本間くん(本間さん、と呼んでいたが彼のリクエストにより本間くんと呼ばせてもらうようになりました)は木枯し紋次郎だった!それは演じているのでは無くただギターを弾いて歌い旅をする、明日の為に今日を精一杯生きる…それを実行しているだけ。

でも、一匹狼だから前から敵意やナメた奴が来ればぶった斬らせてもらうよ、ともちろん覚悟がある。そして本物の優しさ。

オレはこの日のセットリスト何度も書き直した。でも最終的にスナフキン木枯し紋次郎が、お互いの旅の途中で出会ったなら…と気が付いて結局普段通り、練習した通りにやりました。みんなには言わなかったけど、前々日あたりにはルーパーやエフェクトも使わず全曲ギター1本だけでやる事も考え、逡巡していました。

本間くんが、打ち上げの時に「戦略とか作戦を練ってる時点でロックじゃない、まして譜面台を置いてやるなんてカッコワル過ぎ」って言ったけどオレも全く同感。オレにとってはノーギミックでやる方がもはや不自然になっているからいつも通り全力でやる事が、もののふ同士の礼儀だろう。奇しくもデビッドボウイとシーナ&ロケッツの最大のヒット曲を2人から聴けたあの場にいた人達はラッキーだったと思う。

そんなこんなで、ブルースジョンのユキが繋いでくれた縁で主催者の直美さんとの初仕事も、色々と大変だったけど何とか乗り越えました。
40年を迎えたUZUそしてエリコママありがとうございました。

3日目は群馬県前橋へ。各方面から評判の高かったCool Foolでの初ライブ。皆んなから隣にグランドオープンした「ぽっちゃりパブ」の様子を見てこいと言われていたけど、定休日でしたよ。

そのお店の評判ってのはやっぱり「人」特に店主でほぼ決まる。キャパとか機材とか、関係ないんだよ。Cool Foolもそんなに大きな店ではないが、マスターの佐藤さんは同級ってこともあり一発で馴染んだ。共演の方々も全員初対面だが、それぞれに味わいがあり客としても楽しませてもらいました。特にアンダーソンはツボにハマってしまいました!ヨーシャンズの洋一くんと海苔ちゃんも駆けつけてくれ盛りあげて頂きありがとう!それから28年ぶりに再会したMくん、本当にありがとう!

ライブはお披露目的な選曲にアンコールで古い曲もやらせて頂きました。実はここのようにメインスピーカー兼モニターのシステムは1番やりやすいし間違いが少ない。自分でコントロールできるからね。昔は専属の音響オペレーターを連れて回ってたけど、ある時こっちが意図しないリバーブなどを勝手に使われるようになってから信頼関係が壊れたことがある。場合によっては楽曲が台無しになることもあるからね、オレの現状ではシンプルイズベスト!

ライブ後はマスターに連れて行ってもらった「水星」で前橋の核心に触れさせてもらって3連戦終了しました。出発前には収支的にも相当キビシイと予想していたので、高速道路は一切使いませんでしたが、各地でみなさまが足を運んでくれ物販品をお求め頂き(写真集初版は完売してしまいました)大変実りのある旅となりました。関わって頂いた全ての方に感謝いたします。

しばらく那須に籠ります。来月は東京、横浜、埼玉のまたまた濃いーいライブがありますからお楽しみに!