モリッシー横浜公演中止

これは考えさせられる事案だな…。表面だけ見ればモリッシーの我儘にも見えるけど、僕の勝手な想像では彼は淡々と「その状況では出来るわけない」となったんじゃないかな?

オーチャードホールでの感想にも書いたけど、彼らのショーはPA・照明・バンドが一体化しているところが最大の魅力だった。どれかが、ハンパでは成立しないと思う。

例えばただのブルースバンドならやったかも知れないが、モリッシーのショーは先日サマソニで観たレディオヘッドにも通じる全てが一心同体のオルタナティブだ。シン・ゴジラ庵野秀明がカメラ画角をセンチ単位で要求したように、適当など許されない。想像だが、あのバカでかいスクリーンを設置出来なかったのでは無いか?

完璧なショーが出来ないのならキャンセルも止むを得ないか…と思う一方で、お客さんの事を考えたらそう単純では無い。その日だからチケットが買えた人もいると思う。病気でも無いのに前日にキャンセルなんて、プロ意識とは何か?非常に考えさせられる。

奇しくもモリッシーの最新アルバムのオープニングを飾るのは、統治する立場から歌う皮肉に満ちた内容だ。もし彼が上から目線でキャンセルを決めたのだとすれば、シャレにならない。彼はいつでも弱者の味方だったからだ。

そうでは無い事を祈りつつアルバムを聴き返そう。

f:id:yossey:20161001010557j:image