そろそろ旅支度

僕は根拠の無いポジティブシンキングが嫌いだ。大体、期待をするから裏切られたと感じたり、おめでたい想定をするから現実に直面してへこんでしまう。

例えばライブの動員だが、今回一気に20本のライブを1ヶ月で全国ツアーする。その時の最低ラインを考える…各地に平均1人は僕を待っていてくれる人がいるだろう。

え?ひとり⁉︎と思われるかも知れないが、僕はそこから考える。しかも半分は初めての場所。有名人でも無い僕のライブに足を運んでくれる人はまずいない。だから平均0.5人が本当のスタートラインかも知れない。

二回、三回と通っている所には常連のお客さまも出来てきた。それでも華やかなイメージのある音楽稼業の「数」には程遠い…。しかし僕は諦めない。全国を回ってトータル20人に僕のライブを観てもらったら、次回には40人にしたい。そして80...160...320...640...1280...その為にはどうするか、壁に穴が開くほど考える。そして数年後には胸を張って専業ミュージシャンだと宣言したい。ていうか、そうならなければ廃業も止むなし…と思う。

現状では、ここ数年のライブツアーでは赤字にならないで帰って来れている。それはひとえに各地で待っていてくれてライブももちろん、物販なども楽しみにしてくれている方々がいるからだ。ただ、赤字にならない…程度では非常に厳しいのも事実。霞を食って生きているワケでは無いからね。

でも、やっぱり僕は音楽の力を信じる。あの曲を生で聴きたい!と思える楽曲を産み続けるしかない。ルーパーの技術など取るに足らず、楽曲を盛り立てるための1つの道具に過ぎない。あのミュージシャンのブルースハープと同じだよ。

そしていつか、僕の音楽が古典芸能みたいになっていたら、ズバリ指摘して下さい。その時はミュージシャンなんてスパッと止めるよ。クリエイトしていかなければ面白くも何ともない。そして、趣味で音楽はプレイしないと決めている。

さて、旅支度しなくちゃなあ…

f:id:yossey:20170314031646j:image