ジャンル

今日「Yossey さんの音楽ジャンルはどう説明したら良いのでしょうか?」と言われて、ちょっと考え込んでしまいました。

確かに、人に伝える時にはっきり「70's Rock」「ロカビリー」「フォーク」「グランジ」「モダンジャズ」「渋谷系」「絶叫生き様系」みたいに一言で言えればシンプルに相手に伝わると思う。

…でも、例えばThe Beatlesをジャンル分けしたらどうなる?ある時はロックンロール、ある時はコーラスグループ、ある時はインド音楽、ある時は実験音楽、ある時はポップグループ…Tomorrow never knowsとYesterday を同じジャンルで語るなんて無理。結局ジャンル分け不可なんです。

ビートルズと云うジャンルと云う他ない。Radioheadもそうですよね、アルバム毎に全くサウンドが違ったりしますから。Queenだってそうでした。

だから、むしろ僕はジャンルに括られるのが嫌なんだと思う。自由が好きで音楽をやっているのに、これしかやっちゃダメってなるとつまんなくなると思うんです。

先日、井上陽水のコンサートに行った時の話で「僕は陽水山に登りたいのでは無くYossey山に登るんだ」と書いたけれど、これも通じる話です。もはや井上陽水はフォークの人なのでは無く井上陽水と云うジャンルなんです。

まあ、今後もYosseyの音楽を説明する時に難儀すると思うけど仕方がない。「どんなジャンルなんですか?」と言われなくなるぐらい皆んなの心に浸透させなくちゃな…と思った次第であります。

あ、ルーパー技術?どうでもいいです。全然売りにしたくない…(^_^*)

f:id:yossey:20170504010441j:image