ハサミと水の遠藤君に捧ぐ

https://youtu.be/VbWcuQQGOL4

f:id:yossey:20171111090323j:image

6月に会ったの一年振りだった。電話でちょくちょく声を聞いていたから、まるで先週会ったかのようで…僕らは福島の時代屋で共演した。

この日のライブは彼が全て取り仕切ってくれてたので、いつもライブの時は忙しい僕も特にバタバタする事も無く彼らの演奏をしっかり観た。相棒のハサミ君との息もピッタリ、満員の観客を沸きに沸かせたんだ!1年前とは全く違うと言って良い程に進化しており、結構良い歳だが人間ってすごいなぁ!と感動したのです。

この日の夜の事は忘れない…ホテルの部屋で彼とハサミ君と僕の3人で部屋呑みした。男三人が夢を語り合い本当に楽しく素敵な時間だった。ただ大声のハサミ君と僕に比べて声が小さいのが少し気になっていた…これは恐らく僕の思い過ごしだろうけど。

そして、ライブがあまりに良かったので今度はちゃんと観客として観たくて連絡もせず郡山のライブを観に行った。本当にお見事!まさに水を得たハサミ。いやハサミを得た水くん!客席を何度も駆け回り素晴らしいショーだった。そして、ライブ終了直後で汗も引いてないのに僕の事を気にかけてライブ会場の社長を紹介してくれたりして、そのご縁で同じ場所で僕もライブをやらせて頂く事になった。サングラスを外した愛嬌いっぱいの目で笑って「じゃあまた!」と別れた。

遠藤君よ、さっさといくなんて…そりゃないよ!俺たちまだまだ今から楽しい事あったのに…セッションもしてないし。僕のイベントにも出てもらうつもりだった…。僕より6つも歳下なんだよ、早すぎるって!報せを受けた時は…ほら、僕がこの前サプライズで観に行ったお返しでブラックジョークでビックリさせようとしてんだな、と思った。

ハサミ君から再度連絡が有って僕もやっと現実を受け止めたよ。遠藤くん、聴いてくれ。