音声の可視化(幸せの形)

水星note レコーディング日記3

今は毎日もの凄い集中力を発揮しています。子供の頃から「落ち着かない」「集中力が無い」と言われ続けて来たのが嘘のよう。朝の9時からこんな時間(AM4:00)まで、殆どスタジオに籠って作業しています。これが出来ているのも、皆さんに喜んでもらえる作品に仕上げたい一心です。初のカヴァーアルバムですが、完全にオリジナルの様に身体に染み込んで来ました。

新たな発見が日々あるのですが…

録音作業がデジタル化して久しい。この波形を見てほしい、ギターの方はコードストロークだからギザギザして当たり前なんだけどボーカルの波形は何とも幸せな形をしていると思いませんか…。

f:id:yossey:20180108041108j:image

僕は決して上手いボーカリストじゃないので(謙遜しているわけでは有りません)何度も何度も歌います。一曲平均20回ぐらいは歌ってると思う。今はコンピューターでピッチ修正なども出来るけど、なるべくなら手を掛けたく無いのです。これは、皆さんが手にして頂いている僕の写真集にも通じるのですが、ありのままを記録したいのです。拘り過ぎるあまりにクオリティを下げると判断した時は少しコンピューターの手を借りますけど。

そして、これだけ歌っていると波形を見て、良し悪しが分かるようになって来るのです。良くない歌の波形はイビツで美しくないんですね。

ご期待下さい、必ず素敵な作品に仕上げます。