飯田スペースタマ

【長野県飯田】
今回のツアーではブッフェスタイルでも80人、スタンディングならMax300人収容出来る1番キャパシティの大きな会場。前日の松本から程よい距離でのんびり走っても時間が余ったので、山中の会場を通り過ぎて丘の上で昼寝。まさにFool on the hill ひとり旅はこんな時、気楽だ。

f:id:yossey:20180330112444j:image

目も覚めて、まだ早いけど良いかな…と会場スペースタマに到着したら、マスター松沢さんが「なんだ遅いから心配したよ〜」って。彼は照明係の息子さんと既に昼から今夜の為の調整に入っておりプロ精神を目の当たりにする。今夜の僕のライブの為にここまでするか!と胸が熱くなる。Yosseyの身長や動きを想定してのミリ単位の細かなチューニング。そして厨房では賄いの為にママがせわしなく作業をしている。

荷物を搬入した途端「新譜CD水星note売ってよ!楽しみにしてたんだ」と。僕ももういきなりスイッチが入る!ライブバーやカフェが多い僕も忘れていた(と云うより諦めていた数々の音楽表現)諸々の事項を本気で取り組める。

一般人が聞いてもほとんど分からない僅かなノイズの原因を解明対処する為に徹底的に検証する松沢さんの姿勢には頭が下がる。そしてこれ本人に言わせれば「あたりまえ」なんです。

とにかく褌を締め直させてもらえた。もちろん本番は完璧な音に仕上がっていた!これも御本人曰く「あたりまえ」(笑)共演の花田さんとギンジ君も素敵だったよ!

f:id:yossey:20180330112807j:image

そんな男性オーディエンス100%の濃い〜飯田の夜は更けていきました。宿泊コテージにお世話になり、朝起きて会場に行くと昨夜のライブ音源が爆音で流れている。マスター松沢さんはひとり反省会!をしていた。

これを読んでいるあなたも次回は参加して欲しい。確かにどこからも遠いし、大変だけど現時点で僕が表現したい事が限りなく100%近く発揮出来る場所。次回決まり次第ホームページなどで発表します。