早食いの理由

私は早食いだ。それにははっきり理由が有る。熱いものが冷めて行く様が嫌なのだ。どれくらい嫌かと言えば『死ぬほど嫌い』だ。


だから、火傷をしようがむせようが口の中を噛んで血豆を作ろうが焦って食べる。でも最初から冷たいものは平気、ざるそばや駅弁なんてむしろゆっくり味わって頂く。ならばいつも冷めたものを食べればよろしい…と、思われるかも知れないが、それは違う。熱いものの方が圧倒的に好みだ。『冷めゆく様が嫌い』なのだ。


そして今日、この習性が食事だけでは無いと気付いた。何と人生の全てに於いてそうだった!愛情、友情、音楽に対してもだ。こんな歳になって相変わらず鳴かず飛ばずなのに音楽を続けているのは自分が冷めてゆく様を見たく無いんだろう。


参った…。


けど、しゃあない。どうか冷めないで。

f:id:yossey:20180701160424j:image