誰がデザインしたのだ

初めてバッタをまじまじと見た時、わっ!仮面ライダーやんか!と感動した。それは石ノ森章太郎がデザインしたのだろうが、僕の疑問は『そもそもなぜ、バッタはあの顔なのか?』である。

 

仮面ライダーは言わばバッタのデザインをパクった訳だ。じゃあ、バッタそのものは誰がデザインしたのだ?自然界に目を向けると全てそうだ。カブトムシからダンゴムシ、庭に咲く花、魚の形、動物たちの姿…とにかく美しく正確無比、それでいて個体差の個性もある。


更に昆虫や動物たちは擬態なる摩訶不思議な技も持っている。最近よく家の中に蛙が入って来るけど、外ではあんなに鮮やかなグリーンだったのに一瞬にしてフローリングに馴染んだ色になる。保身の為と云う目的は分かる、しかしなぜそれを選んだのか?亀のように厚い甲羅をなぜ選んでないのか?誰が決めたのか?


僕は特定の宗教に帰依していないが、進化の過程で云々などと云う話は全く信じられない。じゃあ神が創造したのか?そう考えるのも逃げている気がして嫌だ。生きても生きても不思議でならない。


今回の新曲『水晶体の空から』はそんな思いがあり生まれました。


水晶体の空から

作詞・作曲 Yossey


藍色から朱く

樹々を照らし始め

私はまた朝を

連れて来たのです

鳥たちは歌う

いたいけな声で

当たり前の日々を

見せてあげるのです

そして花よ咲きなさいと

命じるのです


おお おお


雨の日にはあなたを

隠してあげましょう

クリソコラの夜なら

月も見せてあげましょう

悲しみを知らないまま

幸せを味わえないなら

痛みも散りばめましょう

どうぞ泣きなさい

明日になってもまだ

生きたいのなら


おお おお


弱い者が更に

弱い者をいじめ

強くなれないまま

手のひらで踊る

嘆きの大地から

祈るばかりの人

紺碧色の空は

私の水晶体

果てしなく見える海は

私の涙


おお おお

f:id:yossey:20180719125701j:image

f:id:yossey:20180719125710j:image