水星note tour 2018 (秋) 後記

水星note Tour 2018 秋

9月21日~10月19日

【ツアー後記】

出発前は、自分の中では悲壮感が漂っており…もしかしたら完走出来ないのでは無いか、出来たとしても二度とステージに立てないのじゃ無いか?と戦々恐々としていた。


実は半年ほど前から左肩に異常があり、日に何度も激痛でうずくまっていた。夏のツアー後に、滅多な事では病院に行かない僕もさすがにこれはマズイと診察を受けた。レントゲン検査によると肩甲下筋という場所を痛めており、ドクターは完治は無いだろうと云う。


ヒアルロン酸注射を打ってもらったら少し楽になったが、この効力は1週間しか無い。旅先で病院を探して打ち続けると云う手もあるが、ミリ単位にピンポイントで打たなければ効果が無いらしい…地方で都合良く上手な医者に巡り会えるとも思えないので、注射は諦めた。その代わり腕と身体を固定するべくマフラーのように長いタオルを用意していた。


そのような理由もあり出発前には、過去に「また楽しみにしています」と言ってくれた方にはツアーの旨、メッセージをしていたが、様々な理由で「ごめんなさい」を聞く(見る)事になった。出発一週間前の24カ所からの大量の「ごめんなさい」また、スルーはマジで堪えた。セットリストに普段めったに歌わない古い曲『背信』を加えてしまった。


ところが、予約のさっぱり入らなかった初日の東京はフタを開けてみると満席御礼となり、不思議な体験をする。


僕はオカルトや根拠の無い話が嫌いだ。星占いなど信じたことも無く、眉唾モノの民間療法やカルト宗教など常に疑ってかかっている。しかし…


東京でのステージ上で、オーディエンスからのパワーをモロに感じる事となった。自己暗示とか、脳内アドレナリン放出とか…そういった類いかも知れないが…那須でのリハーサル時に感じていた痛みが、スゥーっと癒されているのを感じたんだ。母親が子供のお腹に手を当てて「痛いの痛いの飛んでけー」とお手当してもらうような温かい感触を心に受けた。


続いて2日目の埼玉ではバンドの一丸となったステージを経験して更に明るい気持ちになった。その後も各地でお客様や店主、スタッフから『お手当』を連日受け続けた。


いつしか、肩の痛みも薄らいでセットリストから『背信』も外れた。連日200km近く運転し、90分から120分のステージをこなし、アフターには連夜呑んだくれ睡眠時間など毎日4時間程度だったが、日に日に元気になる。ある場所ではガンで厳しい状況の人と呑んでお互いに元気になったりした。


…何なんだろう?逆に冷たい人の心やネガティブな話に触れてしまったら一気に具合が悪くなる。


『気のやり取り』みたいなものが、30日間続き、最終日にはもうすっかり調子に乗ってしまいステージ上で喋りすぎていた。


現在まだ来年のスケジュールは真っ白のままだけど、きっとあなたの街にも行く事になると思う。待っていてもらえたらこんなに嬉しい事は無いです。各地で『水星note』そして新曲『半世紀』など、楽曲について皆さんが話題にしてくれた。この手応えは、いままでそうそう無かった事。音楽人生続けても良いのかな…と旅の心地よい疲れの中で感じています。


ちーくんよ、悪いがこの海苔はやらんぞ(笑)旅の戦利品。

f:id:yossey:20181021203833j:image