Yossey’s Garden Show しもつけvol.6

ふらりと寄った道の駅にステージが有るのを発見し、飛び込みで事務室のドアを叩きイベントで使用させてもらえる事になってからもう6回目になる。


電源をお借りするだけで、音響機材などは全部自前。普段リハーサルに使用している小さなスピーカーを使う。直接の営利目的では無いけど僕の中には最初から一貫している目論見が有る。それは…


道の駅というパブリックな場所で偶然届いた音で耳を釘づけにして、出演者の誰でもいいからファンになってもらう事だ。


残念ながら、この目的は未だ達成されていない。都心から車で2時間、僕の暮らす那須からも2時間。出演者全員、何のツテも知り合いもいない田んぼに囲まれた場所だ。


立派な音響を揃えたり、ボランティアを謳ったりスポンサーが付いて大々的にやれば人は集まるかも知れない。でも僕は信じている、『言葉にメロディ、リズムとハーモニー』だけで心を動かせる事を。


今回は気心の知れた仲間が集まった。仲間とは言っても仲良しサークルでは無い。いつもはそれぞれの場所でそれぞれの音楽活動を本気でやっている人たちだ。しもつけでは苦楽を共にして来たから、言葉にしなくても通じる。音響ぶっ壊れても生声で演れる人たち。全員が一所懸命だ、自分の出番以外は飲んだくれてるなんて事も無い。全員最初から最後までイベントが良い方向に向くように自発的に行動する。


いつも彼らを誇りに思っています。僕も夢をいっぱい見ながら全力で取り組みます。

f:id:yossey:20181031121147p:image